SEMINARセミナー

登壇者

~成功する事業承継とは~
一橋大学ビジネススクール 国際企業戦略専攻
教授 楠木 建
今、多くの中小企業では経営者の高齢化が進み、「後継者がいない」という理由で自主廃業に追い込まれるケースが以前にもまして増えている状況です。また、後継者がいる経営者にとっても、事業承継を行うにあたっては細心の注意を払わなければ企業存続にとって大きな禍根を残すことになります。
こうした状況において、中小企業経営者は何をもって備え、いかにして従業員の雇用を守っていけばよいのでしょうか?今回のシンポジウムでは事業の存続に有効な方法を、それぞれの分野の識者より講演させていただきます。

一橋大学ビジネススクール国際企業戦略専攻教授 1964年東京生まれ。専攻は競争戦略とイノベーション。企業が競争優位を構築する論理について研究している。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了(1992)。一橋大学商学部専任講師、同大学同学部助教授、同大学大学院国際企業戦略研究科准教授を経て、2010年から現職。1997年から2000年まで一橋大学イノベーション研究センター助教授を兼任。1994-1995年と2002年、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授を兼任。著書として『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』(2010、東洋経済新報社)などがある。

お申し込み